ごあいさつ | ひだこどもクリニック - 西宮市の小児科

ごあいさつ

ホーム > ごあいさつ

院長挨拶

院長

ひだこどもクリニックの院長、肥田崇子です。

できるだけお子様に負担をかけないような診察を心がけています。
またお母様に納得して安心して頂けるような説明ができるように努めたいと思います。
同じ子育て世代の女性として少しでも共感できる部分を日々の診療に生かせていけたらと考えております。
時代と共にこども達をとりまく環境は日々変化していきますが、親が子を思う気持ちや、こどもの素直な感情や、強い生命力には変わりはないと思います。それらを大切にしたクリニックにしていけましたら・・と思っております。
また本来小児科では15才までしか診てもらえないのでは・・・と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、当院では生後まもないお子様から思春期を迎え、成長なさった方々まで、じっくり診させて頂きます。

ここ数年、日本では少子高齢化社会がますます進み、一人の女性が産む子どもの数は、1.27人と、他国に比べて極端に少ない状況が続いています。この大きな原因として、子育ての為のバックアップ体制が社会全体として、まだまだ不足していることがあると思います。
仕事、家事、育児、介護など・・・、昔とは異なり、お母様方が様々な役割を掛け持ちすることがごく当たり前の時代になっているにも関わらず、保育園や学童の受け入れ体制は多くの課題を残しています。また、お子様が病気になった時に預けられる病児保育も不足しています。

私も2児の母として、同じ子育て世代の女性として、そういった部分に共感し、考慮をしながら、お子様やお母様方を支えてゆける場所を提供したいと思い、2012年8月に、甲子園で「ひだこどもクリニック」を開設致しました。
ロゴマークはお子様とお母様が寄りそって、一緒にフタバを育てていく姿をモチーフにしました。そのそれぞれのご家族に私たち当院のスタッフたちも寄りそい、励まし、健康なお子様の未来を作る為のサポートをさせて頂けましたら・・・と思っております。

「育児」は「育自」といいますが、お子様の成長とともに、お母様にも一緒に成長していってほしいと考えております。私は医師になって20年弱ですが、お子様が元気になっていくと、お母様も元気にきれいになり、お父様もニコニコとついて来られる・・・という現象はよくみかける事があります。そういう時は本当に小児科でよかった・・・と心から思います。
お子様の身体は大人の縮小版ではありません。年齢によっては自覚症状をうまく伝える事のできないお子様の診察は大人とは違います。そのため、病気だけを単に診るのではなく、お子様が病気になられた背景や、家族や保育園、幼稚園、学校などの関係も含めて、「お子様自身を一人の人として診る診療」を心がけております。
ですから私の診療スタイルは、
お子様方にとって、あるいはお母様方にとって負担の少ない診療
一方で、必要と判断した検査や治療はしっかりと行う
お母様方、お父様方に納得して安心して頂ける説明ができるように努める
上記のような方針で診療を行います。

専門としてはアレルギーを専門にしておりますので、最近特に食物アレルギーやアトピー性皮膚炎が急増しているのも家庭環境や生活習慣に起因する側面もあるため、そういった部分の改善もお手伝いできればと考えています。
現在では「食育」の言葉も普及しつつありますが、皆さまが考えている以上に、「お子様に何を食べさせるか?どのように食べさせるか?」は健康の観点から、非常に重要です。
核家族社会となってしまった中で、子ども達にどのように食事を摂らせるかを理解されていない親御さんも多いかと思います。そういった病気の治療以外の成長を支える部分、病気にならない為の予防の知識を身につけて頂くようなことも今後は取り組んでゆきたいと考えています。

子どもを専門で診る、いわゆる純粋な小児科医が減ってきている事実も踏まえ、少しでも地域の子ども達の健康を医療の側面から支えてゆければと考えています。
皆様に信頼して頂けるかかりつけ医を目指しますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

開院2周年を迎えて

当院が開院して今年8月1日で丸2年が経ちました。
おかげさまで地域の皆様方にも徐々に来院して頂けるようになり、無事2年目を迎えられました事に大変感謝致しております。ありがとうございます。

この2年間を振り返りますと、本当に色々な事がありました。
まだ走り出して間もない頃には特に、ご来院頂いた患者様に不愉快な思いをさせてしまったり、こちらの不手際でご迷惑をおかけしてしまった事もあり、本当に申し訳ありませんでした。この場をお借りしてお詫び申し上げます。スタッフ一同、そのたびに反省と勉強を積み重ねて参りまして、最近になってようやく落ち着いてきたかと感じております。とはいえ、まだまだ至らない点も多々あるかと思いますので、さらなるより良い医療を提供できますように努力してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

開院時産まれたてだったお子様が2歳になられて、またそのお母様が下のお子様を出産されて来院して頂き、ご家族やお子様の成長を間近で拝見させて頂ける喜びを日々感じております。子育ての醍醐味を味わえるのは本当に限られた時間です。是非、今の時間を大切に、楽しんで育児を味わって欲しいと思っております。

子ども達の笑顔は本当に宝物です。特に乳幼児の微笑みは診させて頂いている私達にまで生きる勇気と喜びを与えてくれます。最近では逆にお母様方から教えて頂くような育児事情も多く、私も2児の母として日々勉強させて頂いております。ありがとうございます。

当院スタッフ一同、お子様の笑顔、お母様の笑顔が大好きです。少しでも皆様方の笑顔が増えるよう、全力でサポートさせて頂きますので、これからもよろしくお願い致します。育児をとりまく環境はご家庭によって様々です。各ご家庭にそった治療法、予防法を提供させて頂き、ささいな悩みにもお答えして参りたいと思いますので、お気軽にご相談下さいませ。

これからも「ひだこどもクリニック」をよろしくお願い致します。

開院3周年を迎えて

平成27年8月1日で当院も無事開院3周年を迎える事ができました。ひとえに毎日来院して下さる患者様方のおかげだと心より感謝致しております。毎年この時期が近くなると開院当初の事を思い出し、初心に返る大切さを感じております。当院でも、慣れや緊張感の欠如が引き起こすトラブルが多少なりとも無くならないのは残念であり、スタッフの教育も含めて今後も継続した当院の課題であると感じております。日々変化、進歩していく小児科の外来診療の現場において、より最新でより正確でより安全な医療をご提供できますよう、スタッフ一同今後もますます精進して参りますので、よろしくお願い致します。

さて、最近のお母様方を拝見していて感じる事が2つあります。

1つ目はお子さんのしつけに関しての事です。「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、幼い頃に身についた習慣や経験が将来まで影響するというものです。そしてシングルエイジ(9歳)までにほぼその子供の人格が形成されると言われています。人生80年と考えますと、人としての生き方を決める大きな節目は以外と早い時期に訪れるという事になります。実際小さいお子さんを育てていらっしゃる時期は日々の生活に追われる大変忙しい時期ではあるのですが、その時期が実は一番お子さんにとって大切であることを認識してほしいと思います。そして幼い頃の育児の基本はお子さんをたっぷり愛して認めて受け入れてあげる・・これだけで十分だと思います。ご家庭によって、そのやり方は様々だと思いますが、うちはうちのやり方で・・でいいと思います。つまり他人と比較せず、わが子を信じて、やり通して欲しいと思います。まずは自分をしっかり好きと言えるような子供に育てるためには、親がたくさん褒めて励まして見守ってあげる事が必要だと思います。

2つ目はお子さんの教育に関しての事です。先に述べましたしつけとは幼い頃の事であり、就学後はお勉強が始まりますので、教育という事になります。教育は学校の先生に任せていれば、それで良いのではありません。やはりご家庭での教育が一番大切です。では具体的にはどのようにしたら良いのか、これもご家庭によって様々かと思いますが、まずは学校に行ける年頃まで育て上げてきた親御さん自身が、自信を持ってほしいと思います。学年が上になるほど他人と比較したりわが子の悪いところが目についてしまったりするのですが、どんな状況でもお子さんに謝ったり、こびたり、遠慮したりしないで欲しいと思います。あなたをここまで大きくしてきたのはお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなのよ・・と自慢して下さい。そしてお子さんが悩んだり、苦しんだりしている時は、決してそれは親や世間のせいではなく、自分の行動によるものだという事をしっかり認識させてあげて下さい。自分が他人に対してとってきた行動がすべて自分に返ってくる事や、自分が変れば他人も変わる事など、自分のとった行動に責任がきちんととれるような助言をしてあげて下さい。そこで自分を責めたり、叱ったり、お説教したりではなく、お子さんにしっかり寄りそって一緒に考えて一緒に悩んであげて下さい。そして、じゃあどうしていったらよいのかをゆっくり探して見つけてあげて下さい。お勉強や友人関係や先生との関係やクラブや塾など、様々な環境の中でお子さん達は必死で頑張っていますので、時にはもうそれ以上頑張らなくてもいいんだよと甘えさせてあげて下さい。そうすればゆっくり休んだあとに、必ず又前を向いて歩き出してくれるようになると思います。もちろんこういった作業は1回や2回ではありません。毎日毎日大変ですが、1日数分でもよいのでしっかりお子さんと向き合う時間を作って欲しいと思います。時には意見がぶつかりあって大喧嘩・・なんて事もあってもいいのかもしれません。素直で聞き分けが良くて親を困らせないお子さんなんて、存在しないと思います。逆にお子さんは親御さんを試してきている場合もありますので、正面から立ち向かっていく覚悟も親御さんには必要だと思います。そうして親も子供に成長させてもらっているのだと思います。

少し偉そうな事を書いてしまいすみません。私自身も思春期のわが子の育児真っ最中でして、決して他人様の事を言えるような立場ではないのですが、やはり少子化の今の日本の世の中で、子供達が大人になった時に、又安心して家庭を作り、子供を育て、ご先祖様に感謝できる世の中にしていって欲しいと思い、書かせて頂きました。
親は子供に生まれてきてくれてありがとうの気持ちを、子供は親に生んでくれてありがとうの気持ちを、ずっと持ち続けることのできる世の中になれば、今の教育現場で起こっているような、様ざまな問題も少しは減るのではないでしょうか・・・

この3年間、日々お子様方を診させて頂いて本当に感謝しております。すっかりお姉ちゃん、お兄ちゃんになっていずれ小児科も卒業していかれるのかと思うと少し寂しい気もしますが、又大人になってお子さんを連れて来て頂けると、本当に小児科冥利に尽きる限りです。成長したお子さんを拝見させて頂くとわが子の事のように嬉しく、診察させて頂きながら、思わずウルッとくる事も実は結構あります。私も歳をとったのでしょうか・・・いえいえ、これからもより安心して信頼して来院して頂けるようなクリニックにしていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。

院長 肥田 崇子

開院4周年を迎えて

今年の8月1日で当院も無事開院4周年を迎える事ができました。本当にあっという間だなと毎年この日が来ると思います。毎日来院して下さる患者様、長く勤務してくれているスタッフの皆に、改めて感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。
 開院してから毎年、この時期にご挨拶の文を書かせて頂いておりますが、だんだんと書く事がマンネリにならないように、頑張って書き続けていこうと思っております。

さて、この1年を振り返りますと、やはり年々温暖化の影響からかインフルエンザの流行時期が遅くなる傾向にあり、それに伴ってその他の感染症も季節性が不明瞭になっていきている感じが致します。そして流行があるとその病状は本当に多種多様で、例えば手足口病の発疹や溶連菌の発疹も様々ですし、熱の様子も多様です。つまり教科書的な知識というのは実践ではあまり役に立たない事も多く、より多くの症例を診てきたからこそわかるような疾患も多々ある事を実感致します。まさに患者様に学ばせていただいているという感じです。
 ウイルスも賢いのでだんだん変化していきますから、私達もそれに負けないように強い身体を持ち続けないといけないなと思っております。
ワクチンの開発によってかなり流行が軽減されているものもありますが、やはりワクチンの未開発のものに関してはまだまだ予防の難しいものもあり、これからの医療技術に任せられる部分もあるかと思います。

さて、ここまでは少し難しいお話でしたが、ここからは子育て事情に関する話題です。 やはり最近のお子さん達は一言で言って我慢が足りないように思います。
 毎日子ども達の鳴き声を聞いていて思いますが、新生児期は痛みや不安感に伴って反射的に啼泣する事が多いですが、1歳過ぎくらいからは、自他の区別がついてきますから、お母さん以外の人に触れられたり、近付いて来られたりするだけで異様に泣く子がいます。子どもの啼泣には必ず理由があると私は思っています。つまり、わけもわからず泣き続けている子にも、実は昨夜お母さんにひどく叱られた事だったり、幼稚園や学校で嫌な事があったり、来院前に眠かった、おなかがすいていた。。。などと、今いる現場に無関係な事に理由がある場合もあるように思います。
 そういった場合は、来院されてからいくらこちらが必死で関わり合いを持とうとしても、なかなかうまくいきません。
 また、お母様の不安感も直接お子さんに影響しますから、まずはお母様が気持ちを安定させて頂くとお子さんも落ち着くことが多いようです。
 それから、以前のご挨拶でもお書きしましたが、お母様がお子さんに謝るケースを時々見かけますが、辞めたほうが良いと思われます。親が子に謝罪するような事はほとんどの方がしていないと思います。一生懸命に子育てをして、毎日必死で働いていらっしゃる方ばかりですので、どんな状況でも「ごめんね。」ではなく、「よく頑張ったね。」に変えて言葉がけして欲しいと思います。
 お母さんも頑張ってるんだから、あなたも頑張ってね。くらい堂々としていて欲しいと思います。例えばワクチンを接種する事や採血をしたり、検査を施行する事にも、すべて意味があり、あなたのため。。。と説得するようにお母様から優しく話しかけて頂けたら、お子さんも納得して泣かずにそれらを受ける事が出来るかもしれません。これは病院以外の様々な場面でも適応できると思います。
 例えばお母さんのお仕事が忙しくて、保育園のお迎えが遅くなってしまった場合などです。よく見かける光景としては、「遅くなってごめんね。」です。そうすると、お子さんは、どうして早く来れなかったのか?と疑問や怒りが出てくる事もあるかもしれません。ですが、それを「長い時間よくおりこうさんにして待てたね。えらかったね。たくさん頑張ったね。」と褒めてあげると、お子さんも「あー我慢して待ってた事をママは分かってくれてるんだ。ママもお仕事頑張ってたんだな。」と素直に受け止めてくれるようになると思うのです。ちなみにこの手法は、私も子ども達の幼少期、お迎えの際には必ず実践しておりました。そうすると逆に帰りたくない!となかなか連れて帰れない事もあったのを、今でも覚えています。子どもが親を尊敬し、感謝して初めて親子関係はうまくいくと思いますので、まずは、お子さんに謝ったり叱ったりする事よりもまずは褒めて認めてあげる事から始めましょう。
 話は少し横にそれましたが、我慢したらママが褒めてくれる、優しくしてくれる、寄り添って一緒にいてくれる。。。という事をお子さんが理解できたら、もうその子はあまり泣かなくなりますし、少しの痛みや苦痛にも耐えられる強いお子さんに成長されるかと思います。

まずは、我慢する事もとても大事な作業であるという事を、お母様方も理解される事から始めて頂けたらと思います。成長するほど我慢する事ももちろん増えてきますが、それは何も悪い事ではなく、嫌な事も前向きに嫌でなくなるように対処する方法を身につけていく事が、何よりの成長だと思います。
 大人の世界でも同様です。すぐに人の悪口を言ったり、冷たい態度で自己中心的な考え方しか出来ない大人は、やはりあまり幸せにはなれませんし、周りを不愉快な気持ちにさせるので、あまり良い事はないと思います。
 つまり、私が一番お伝えしたい事は、何事も前向きに物事を考え、前向きな言葉がけを沢山し、前向きな行動をとり続ける事が、お子さんもお母様も幸せになれる近道であると思います。そういった良い習慣を、普段から心がけて身につけていかれると、ピンチをチャンスに変える力や、逆境に立たされた時の対処法や気持ちの持ち方など、様々な場面で役立つ事が増えてくると思います。
 何かのセリフではありませんが、辛い時こそ笑顔になれるよう努力する事が大切だと思います。
 お子さんはお母様の鏡です。まずはお母様が元気で、明るく楽しく、幸せでなければ、お子さんを幸せする事はできません。忙しい育児の時期は、本当にあっと言う間に過ぎて行きますので、今は大変かと思いますが、常に前向きに、良い習慣を身につけていきましょう。そうすれば、お子さんが体調を崩す事も少しずつ少なくなってくるかと思います。少しでもそのお手伝いができましたらと思っております。

結局、いつものように何だかとりとめのないお話になってしまいましたが、少しでも日頃私が感じている事をお伝えできましたらと思い、書かせて頂きました。
 今後もスタッフ一同、お子様方、お母様方に寄り添い、励まし、今まで以上により安心して信頼して頂けるようなクリニックになるよう、努力して参りたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

院長 肥田 崇子

新年のご挨拶(遅ればせながら開院5年目のご挨拶も兼ねて)

毎年開院記念日(8月1日)近くにご挨拶を書かせて頂いておりましたが、昨年はタイミングを逃してしまい、今になり申し訳ありません。当院も昨年で開院5年が過ぎ、今年で6年目を迎えております。 本当にあっという間に年月が過ぎていき、毎日来院して下さる患者様方、地域の皆様方、スタッフ全ての方々に感謝の気持ちで一杯です。ここまで続けて来られましたのも、決して私一人の力ではありませんので、今後も謙虚に、日々努力を怠らず、精進して参りたいと思っております。
 昨年はインフルエンザワクチンの在庫不足などで患者様方には大変なご迷惑をおかけしましたが、年明けも在庫の許す限りご希望の方への接種を勧めて参りたいと思っておりますので、お気軽にご相談下さい。

開院当初から成長なさったお子様方の姿はやはり一番の嬉しさであり、又、年数を重ねたからこそ理解し、共感し合えるご家族の姿もあり、かかりつけ医としてのやりがいを日々感じさせて頂いております。本当に患者様方に学ばせて頂いている事を実感しております。一人の女性として、母として、又同じ働くママとして、尊敬できるお母様方もたくさんいらっしゃいます。私も見習わなければいけない事がまだまだありますので、お気づきの点はどんどんご指摘頂いて、遠慮なく気軽な相談相手として関わって頂けましたらと思います。

女性の一生はホルモンの変動に伴い、本当にめまぐるしい環境の変化の中で成長していかなければなりません。その時、その場所で、その人と、どう関わりをもって生きてゆくのか、常に選択と反省を繰り返しながら時間が過ぎて行くような気がします。
 来年には平成の時代が終わり、私達昭和の人間は2世代昔の人間になってしまいます。
又2年後の2020年には東京でオリンピックが行われ、時代はどんどん先へと進んでいき、何だか取り残されていくような孤独を感じる瞬間があるのは私だけでしょうか?
 高度成長時代は、より早く、より簡易に、より安価に・・・を追及し、ここまで日本も成長してきたのだと思います。ですが、少子高齢化が急速に進む中で、日本の人口は減少し、労働人口も減り、国としての活力は今後衰退していく事が安易に予想されます。そういった中で必要とされる事は、数や速さや安さではなく、やはり質の良さや、スローでも価値のあるものや、高価でも長持ちするものなどへ変化していくようになるのではないでしょうか?
 つまり今の子ども達が成人する頃には、きっと今より人混みは減り、それにより感染症も減り、受験の倍率も減り、価格競争も減り、今よりずっと住みやすい世の中になっているかもしれません。ですから、これからの子ども達に必要とされる能力は、今までよりさらに自分で物事を考え、選択し、行動し、前に進んで行く力ではないでしょうか?
 そしてそのすべてにおいて高い自尊心や、他者を思いやる心や、失敗する勇気など、目には見えないですが、人間として本当に大切なものが必ず必要になってくると思います。それがないと生きる活力もなくなりますし、他人から尊敬されるような人間にはなれません。
 ですので、これから小さいお子様を育てていかれるお母様方、ご家族の皆様には、是非、こういった日本の将来の事を見据えたうえで、長い目で物事をとらえ、目先の事に一喜一憂せずに、育児を楽しんで欲しいと思っております。

女性はどうしてもホルモンの影響で、感情の起伏の激しい人が多いですが、常に冷静に、自身のマインドコントロールをまずはしっかりとされると、お子さんも穏やかで落ち着きが出てくると思います。不思議なもので、家族という形の中で、母親の感情はすべてに影響がでます。ご主人、お子さん、おじいさん、おばあさんにも。ご家族の健康と幸せを願うのであれば、まずは、お母様ご自身が健康で穏やかに毎日を過ごせるように努力なさると、よいのではないでしょうか。些細な事にも感謝の心を忘れない事がとても大切だと思います。
 年始早々、結局いつものたわいのない話になってしまいましたが、年の初めに私自身が反省も含めて、自身に言い聞かせる意味もあり、書かせて頂きました。

どうか今年も皆様方にとって幸せな一年となりますよう、当院スタッフも全力でサポートさせて頂きますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 最後になりましたが、毎年書かせて頂いておりますこの挨拶の文を、何度も読み返して励みにして下さっているというお母様から、お気持ちを伝えて頂きました。丁度この文章の作成中のことでした。こちらこそ温かいお言葉、お気持ちに本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。この場をお借りして、お礼申し上げます。

院長 肥田 崇子

院長 肥田 崇子(ひだ たかこ)プロフィール

略歴

平成7年 3月
近畿大学医学部医学科 卒業
平成7年 5月
近畿大学医学部 小児科学教室入局
その後2年間研修医として近畿大学医学部附属病院に勤務
平成9年 4月
大阪日本赤十字病院 小児科勤務
平成10年 4月
国立千石荘病院 小児科勤務
平成15年 4月
高石市立診療センター 小児科勤務
平成24年 8月
西宮市にて 「ひだこどもクリニック」 開設
平成26年 4月より
上甲子園中学校 校医
瓦木幼稚園 園医(平成28年3月終了)
平成28年 4月より
浜脇幼稚園園医

所属学会・医師会等

医師 坂口美奈子(さかぐちみなこ)プロフィール

略歴

平成 1年 3月
島根医科大学医学部 卒業
平成 1年 5月
島根医科大学・関連病院 小児科勤務
その後3年間研修医として島根医科大学・関連病院に勤務
平成 4年 4月
久留米大学医学部・関連病院 小児科勤務
平成12年 4月
淡路平成会 東浦平成病院 小児科勤務
平成21年 5月
神戸掖済会病院 小児科部長
平成26年 4月
北播磨総合医療センター 小児科部長
平成29年 6月
神戸赤十字病院 小児科副部長
平成30年 3月末
神戸赤十字病院 退職

所属学会・医師会等

ひだ耳鼻咽喉科はこちら

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン