よくある質問 | ひだこどもクリニック - 西宮市の小児科

よくある質問

ホーム > よくある質問

よくある質問一覧

診療について

駐車場は無料ですか?何台まで停められますか?
はい、無料です。
6台まで停めて頂けます。場所はクリニックの裏側にあります。
診察の順番予約は当日のみですか?
はい、そうです。
明日以降の長期予約は口頭でお伝えしますが、実際に予約を入れて頂くのは当日になります。
お子様の場合、急な発熱などで予約を入れていてもキャンセルになる場合が多いため、当日のみとさせて頂きます。
基礎疾患がある、こどもでも診て頂けますか?
はい、診させて頂きます。
先天的な疾患をお持ちのお子様で、普段は他の病院でかかっておられる方でも、急な病気の際には、診させて頂きますし、紹介もさせて頂きます。

ワクチンの価格について

ワクチンの価格はいくらですか?
ワクチンの価格についてはこちらをご覧下さい。
<ワクチンの価格についてのページ>

ポリオワクチンについて

ポリオワクチンの接種について、どうすればいいですか?
下記をご参照下さい。
ポリオワクチンの接種方法について、ステップごとに細かく書かれています。
<ポリオワクチンの接種についてはこちらをご覧下さい>

四種混合ワクチンについて

四種混合ワクチンの接種について、どうすればいいですか?
四種混合ワクチンの接種方法に関しましては、下記をご参照下さい。
<四種混合ワクチンの接種についてはこちらをご覧下さい>

水痘ワクチンについて

水痘ワクチンについて教えてもらえますか?
みずぼうそうの人と接触してから72時間(3日)以内に予防接種を受ければ、たいてい発病せずにすみます。
時には接種したにも関わらずかかってしまうこともありますが、多くは軽くすみます。
また確実に免疫をつけるために、1回目接種後の3か月以上たった頃に追加接種することができます。
<水痘ワクチンの接種についてはこちらをご覧下さい>

おたふくかぜワクチンについて

おたふくかぜワクチンについて教えてもらえますか?
みずぼうそうと同じく、おたふくかぜの人と接触してから72時間(3日)以内に予防接種を受ければ、たいてい発病せずにすみます。
時には接種したにも関わらずかかってしまうこともありますが、多くは軽くすみます。
また確実に免疫をつけるために、1回目接種後の2~3年後に追加接種することができます。

トキソプラズマ感染症について

トキソプラズマってなに?
トキソプラズマとは、人の細胞より小さい原虫の名前です。

【感染源】
空気感染したり、トキソプラズマ症の動物や人に触っただけでは感染せず、トキソプラズマ症の猫のフンを介して、人の目や口に感染します。
ガーデニングや公園の砂遊びの時に、舞い上がった土埃が目や口に入ったり、トキソプラズマが入った土が付着した果物や野菜をよく洗わずに食べたりすることで感染します。

【症状】
正常な免疫機能を持っていれば感染してもほとんどの場合、症状はありません。
1割くらいの人で風邪のような症状がでたり、リンパ節が腫れたりすることがありますが、たいていは気づきません。

【猫を飼っている人の場合】
全ての猫が危険なのではありません。
猫が初めてトキソプラズマに感染してから2週間はフンにトキソプラズマが紛れていますので、注意が必要です。
(1)猫用トイレは毎日掃除する。
(2)掃除やお世話の際には、使い捨て手袋やメガネを装着し、
作業後は手洗いする。
(3)猫の餌として生肉をあげない。
(4)飼い猫は外飼いしない。
(5)妊娠中に新たに猫を飼い始めない。

【妊娠中の場合】
妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合、感染した妊娠時期により10~70%の割合で胎児に感染します。
母子感染した場合の胎児への影響は、気づかないくらい軽度のものから死に至るまで様々で感染時期により異なり、妊娠後期になるほど胎児に移行しにくいと言われています。
妊娠前からトキソプラズマに免疫をもっていればまず安心ですし、免疫があるかどうかは、産婦人科にて実費の血液検査をすることでわかります。
2006年から2008年までの3年間に全国の小児科で先天性トキソプラズマ症と診断された赤ちゃんは16人で、死産流産を含めると実際にはもっと沢山いたことが考えられます。

妊娠中の注意点としては・・・
(1)ガーデニングなどの土いじりの際は、手袋や眼鏡を装着すること
(2)作業後は十分に手洗いすること
(3)収穫したものは十分洗浄してから食べること
(4)生ハムを含め生肉は食べないこと
(5)肉は中心部の赤みがなくなるまで十分に加熱すること
(6)包丁やまな板などの調理器具は生肉用と野菜用に分けて使い、
清潔を保つこと
(7)水道水以外の川の水や井戸水などの生水を何の処理もしないまま
飲まないこと
(8)絞ったまま殺菌されていないミルクやそのミルクで作られた乳製品
(ソフトチーズなど)を口にしない

ひだ耳鼻咽喉科はこちら

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン