ワクチンについて | ひだこどもクリニック - 西宮市の小児科

ワクチンについて

ホーム > ワクチンについて

ワクチンについて一覧

※ご覧になりたい項目をクリックしてください。

ワクチンのタイプ

生ワクチン

生ワクチンは、感染の原因となるウイルスや細菌などの病原性を弱めてワクチンにしたものです。接種により軽い感染をおこして免疫を獲得することにより、自然感染による病原体からの感染を防ぐことができます。

生ワクチンの種類

  • ロタウイルス
  • BCG
  • 麻しん
  • 風しん
  • MR
  • おたふくかぜ
  • 水痘(水ぼうそう)

不活化ワクチン

不活化ワクチンは、細菌やウイルスから、感染を防ぐのに必要な部分のみを取り出したものです。生ワクチンとは異なり、からだの中では増えないので、十分な免疫を作るためには、複数回の予防接種が必要となります。不活化ワクチンの一種に、細菌の出す毒素を無毒化して作ったトキソイドがあります。

不活性化ワクチンの種類

  • B型肝炎
  • インフルエンザ菌b型(Hib)
  • 小児用肺炎球菌
  • DPT-IPV
  • DTP、DT
  • 不活化ポリオ(IPV)
  • 日本脳炎
  • インフルエンザ
  • 子宮頸がん(HPV)
  • A型肝炎

接種間隔

生ワクチンを接種後、別のワクチンを接種するには4週間(中27日)以上あけます。

不活化ワクチンを接種後、別のワクチンを接種するには1週間(中6日)以上あけます。

当クリニックで公費で接種できるもの

予防接種 標準的な接種年齢 回数
インフルエンザ桿菌b型
(Hibワクチン)
生後2ヶ月より接種可能
(初回接種時期により回数が変わります)
1~4回
小児用肺炎球菌
(ブレベナーワクチン)
生後2ヶ月より接種可能 1~4回
不活性ポリオ Ⅰ期初回:生後3ヶ月~18ヶ月(計3回)
Ⅱ期追加:4~6歳
計4回
BCG 生後3ヶ月~12ヶ月未満 1回
三種混合(四種混合)
ジフテリア・百日咳・破傷風・(ポリオ)
Ⅰ期初回:生後3ヶ月~12ヶ月(計3回)
Ⅰ期追加:初回接種後12ヶ月~7歳半
計4回
水痘
(みずぼうそう)
生後12ヶ月以上生後36ヶ月未満
*平成27年3月まで 生後36ヶ月以上生後60ヶ月未満で1回も接種していない、水痘未り患のお子さんも接種できます。(任意接種も含めて回数は1回)
2回
麻しん・風しん混合(MR) (原則として)Ⅰ期:1歳~2歳未満
Ⅱ期:5歳~6歳
(原則) 2回
日本脳炎 Ⅰ期:6ヶ月~7歳半(計3回)
Ⅱ期:9歳~12歳
計4回
二種混合(DT)
(ジフテリア・破傷風)
11歳~12歳 1回
子宮頸がんワクチン 中1~高 計3回

当クリニックで有料で接種できるもの
※料金は改定されることがあります

予防接種名 料金 標準的な接種年齢 回数
B型肝炎 ¥4,800 生後2ヶ月から(西宮市民1歳まで無料) 3回
A型肝炎 ¥7,300 1歳以上 3回
ロタワクチン ¥8,600~¥12,900 生後6週から生後24週(32週)まで 2~3回
おたふくかぜ ¥5,400 1歳以上でMRワクチン接種後 1~2回
インフルエンザ 1回目¥3,000
2回目¥2,500
生後6ヶ月~成人 毎年2回
狂犬病 ¥14,000 1回
破傷風 ¥2,700 1回
水痘 ¥7,000

免疫

細菌やウイルスなどの病原体が体に入ると病気にかかりますが、その病原体を排除して病気を治そうとする体のしくみが免疫です。免疫がつくとその病気にかかりにくくなります。ワクチンで前もって体に免疫をつけることによって、その病気にかからなかったり、自然に感染するより症状が軽くすんだりします。

同時接種

同時接種部位

日本では1歳前までに接種した方がよりワクチンが6種あり、複数回接種する必要があるワクチンもあります。
また、生ワクチンでは27日、不活化ワクチンでは6日、次の接種まであけなければいけません。
そのため、赤ちゃんをワクチンで予防できる疾患から早く守るために、複数のワクチンを同時に接種することも可能です。
世界では標準的に同時接種が行われています。別々のワクチンを接種するときに混ぜることはできないので、同時接種をする場合は、図のような部位に同時に接種します。

予防接種を受ける前に

体調の良い時に接種するのが原則です。
安全に予防接種を受けるためにも、以下の注意を守るようにしてください。

  1. 予防接種の当日は普段と変わった様子がないか、お子さんをよく観察してください。体調が心配なときは、かかりつけ医に相談しましょう。
  2. 予防接種の内容について、分からないことがあれば遠慮なく相談しましょう。(かかりつけ医や保健所、市区町村役場にご相談ください)
  3. 母子健康手帳は予防接種の記録にとても大切なものです。必ず持参しましょう。
  4. 予診票は、安全に予防接種を受けるうえでとても重要な情報源になります。できる限り正確に責任をもって記入しましょう。

予防接種を受けた後に

  1. 予防接種を受けた後約30分間はお子さんの様子を観察しましょう。その後も体調の変化などがあった場合には、すみやかに医師の診察を受けるようにしましょう。
  2. 接種部位を清潔に保ち、当日は激しい運動は避けましょう。それ以外はいつもどおりに生活ができます。
  3. 発熱等の副反応がなければ入浴はしても大丈夫ですが、注射した部分はこすらないようにしましょう。

ひだ耳鼻咽喉科はこちら

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン